Project

Tokyo2020

任務

オリンピック競技場18会場を含む22会場の仮設水道の設置。

依頼内容

オリンピック会場と関連するサイドイベントに、安全な飲料水と仮設の排水インフラを提供すること。 設置されたシステムの整合性と信頼性を確保するため、総合テストと圧力テストを実施すること。 緊急時の迅速な対応により、ゲームの継続性と安全性を保証すること。 試合開始前の水質監視報告書のタイムリーな提出。
  1. オリンピック会場と関連するサイドイベントに、安全な飲料水と仮設の排水インフラを提供すること。
  2. 設置されたシステムの整合性と信頼性を確保するため、総合テストと圧力テストを実施すること。
  3. 緊急時の迅速な対応により、ゲームの継続性と安全性を保証すること。
  4. 試合開始前の水質監視報告書のタイムリーな提出。

ソリューションの内容

MTDの現場作業員は、異なる会場をローテーションで担当し、タイムリーな施工を実現しました。 引き渡し前に、要求されたとおりに文書と証拠写真を完成させた。 各会場へ機動的なメンテナンスチームを派遣し、システムの正常な稼働を確保。 会場要件の変更に伴う上下水道ソリューションの追加提供。
  1. MTDの現場作業員は、異なる会場をローテーションで担当し、タイムリーな施工を実現しました。
  2. 引き渡し前に、要求されたとおりに文書と証拠写真を完成させた。
  3. 各会場へ機動的なメンテナンスチームを派遣し、システムの正常な稼働を確保。
  4. 会場要件の変更に伴う上下水道ソリューションの追加提供。

課題

日本のお客様とMTDの設置コンセプトの違い。 日本のクライアントがイベント手法に不慣れであったこと。 会場が仮設のオーバーレイではなく、恒久的な構造物の建設現場として扱われていた。 契約、変更指示、現場立ち入りなど、ビジネス上の官僚主義による大量のペーパーワークが発生したこと。 COVID-19の日本への入国、検疫、感染症に関する問題。 日本文化の違い、言葉の壁。
  1. 日本のお客様とMTDの設置コンセプトの違い。
  2. 日本のクライアントがイベント手法に不慣れであったこと。
  3. 会場が仮設のオーバーレイではなく、恒久的な構造物の建設現場として扱われていた。
  4. 契約、変更指示、現場立ち入りなど、ビジネス上の官僚主義による大量のペーパーワークが発生したこと。
  5. COVID-19の日本への入国、検疫、感染症に関する問題。
  6. 日本文化の違い、言葉の壁。
このプロジェクトを共有する

こちらもご覧ください

ロンドンオリンピック2012

MDLBeast Soundstorm Festival