Project

水道会社ファリス社のメンテナンスが楽に

MTDは、2800m3の飲料水バッファリングシステムを設置し、ファリス社(ベルギー)が圧力を失うことなくシステムの定期保守を行えるようにしました。

水道会社ファリス社は、ベルギーのゲント近郊で輸送管の工事を行うことを余儀なくされました。これは、長期的な水の供給を保証するために必要なことでした。しかし、これによって、配送エリアの大部分で一時的に水の供給が中断されることになります。

MTDはゲント地域の2カ所に設置し、メンテナンスが行われている間、住民に飲料水を供給しました。2カ所に28個のバッファバッグ(各100.000m3)を組み合わせました。自動充填プラントが、計画された活動の開始前とメンテナンス中にバッファーバッグを充填し、住民に終始適切な圧力を提供しました。このセットアップにより、合計5600m3の飲料水が利用できるようになりました。

この成功により、ゲントの住民に迷惑をかけることなく、作業を実施することができました。

アサインメント

計画的なメンテナンスの間、すべての住民に保証された水圧を実現すること。

計画的なメンテナンスの間、すべての住民に保証された水圧を実現すること。

仕様

MTDは、1.800m3と1.000m3の2つの大規模な飲料水バッファーを設置しました。これにより、MTDはゲント地区の住民に、主給水管のメンテナンス中も恒久的に水を供給できるようになりました。プロジェクト期間:2015年11月の週末2日間。

MTDは、1.800m3と1.000m3の2つの大規模な飲料水バッファーを設置しました。これにより、MTDはゲント地区の住民に、主給水管のメンテナンス中も恒久的に水を供給できるようになりました。プロジェクト期間:2015年11月の週末2日間。

このプロジェクトを共有する

こちらもご覧ください

北海のプラットフォーム

水道会社ファリス社のメンテナンスが楽に