Project

平昌2018冬季オリンピック

2011年、平昌は2018年冬季オリンピックの開催都市に選ばれましたが、MTDにとって平昌への道は2014年初頭、ソウルと平昌への初訪問から始まりました。

事実と数字

依頼の内容

  • 3つのオリンピック会場と4つのサイドプロジェクトに安全な飲料水、一時的な廃水インフラ、水処理を提供すること。
  • JALの山頂に水インフラを設置し、4つのトイレキャビンを供給する。
  • スノーマシンのための水インフラを設置する。
  • 高さ10mの足場の上にトイレを設置。
  • スキー場を横切る75mの水道管2本の設置。

課題

MTDは、オリンピック会場の設備とサービスを提供する契約を、大会の100日も前に締結しました。 静止タンクの断熱 韓国語。 25℃を下回る寒さ。体感温度はマイナス37度。
  • MTDは、オリンピック会場の設備とサービスを提供する契約を、大会の100日も前に締結しました。
  • 静止タンクの断熱
  • 韓国語。
  • 25℃を下回る寒さ。体感温度はマイナス37度。

ソリューション

MTDは、トイレのサプライヤーと密接に協力し、下にタンクがあるトイレの解決策を探しました。 タンクは雪が降る前にJALの山頂まで上がり、MTDの機材は雪上車で運ばれてきました。 ゲレンデが一般開放されていたため、夜勤でゲレンデ横断を行いました。
  • MTDは、トイレのサプライヤーと密接に協力し、下にタンクがあるトイレの解決策を探しました。
  • タンクは雪が降る前にJALの山頂まで上がり、MTDの機材は雪上車で運ばれてきました。
  • ゲレンデが一般開放されていたため、夜勤でゲレンデ横断を行いました。

数字で見る

MTDは、2018年韓国・平昌オリンピック・パラリンピック大会において、以下の機材を設置しました。 7220メートルの非断熱PEパイプ 6025 メートルのプレインシュレーション PE パイプ 13425 メートルのヒートレース トイレ用排水ポンプ53台 バー用排水ポンプ3台 6 水質改善ユニット 38 静止タンク 23 飲料水用ポンプ 5370 メートルの断熱材 175 断熱材カバー

MTDは、2018年韓国・平昌オリンピック・パラリンピック大会において、以下の機材を設置しました。

  • 7220メートルの非断熱PEパイプ
  • 6025 メートルのプレインシュレーション PE パイプ
  • 13425 メートルのヒートレース
  • トイレ用排水ポンプ53台
  • バー用排水ポンプ3台
  • 6 水質改善ユニット
  • 38 静止タンク
  • 23 飲料水用ポンプ
  • 5370 メートルの断熱材
  • 175 断熱材カバー
このプロジェクトを共有する

こちらもご覧ください

水道会社ファリス社のメンテナンスが楽に

国連気候変動会議2014