Article

MTDがティルブルク市のImpactmakerに選ばれる

MTDがティルブルク市のImpactmakerに選ばれる

26 Sep 2022

MTDは、ティルブルグ市とMake it in TilburgからImpactmakerを授与されたことを誇りに思います。

MTDは、3番目のImpactmaker of the quarterに選ばれました。MTDは、世界中に水を供給しています。11カ国から集まった数百人の従業員で、さまざまなイベントや展示会、産業向けにこれを行います。そして、彼らは最小限の顧客ではありません。オリンピックやF1から、コーチェラやシルク・ド・ソレイユまで。MTDは、自然災害時の緊急施設(きれいな水など)や、掘削プラットフォームでの仮設施設も提供しています。MTD基金は、Justdiggitを通じて、ケニアの緑化のために6,000万リットルの水を寄贈しました。ティルブルクから、世界を征服し、その革新性、知識、品質でインパクトを与えています。

9月1日の訪問時には、Bas van der Pol市会議員(経済担当)より、ソーシャルソファーのミニチュアが贈呈されました。「MTDは、明確なビジョンと推進力のあるチームによって、非常に革新的な企業を築き上げ、多くの顧客を獲得しています。ティルブルグを拠点とし、仮設の水インフラや水処理設備の設置、安全な飲料水の保証を提供するサービスパッケージでインパクトを与える世界市場のリーダー企業です。水のチェーン全体を管理し、コントロールすることで、常に時代をリードする企業となっています。このようなことがティルブルグで行われていることに、私は大きな感動と誇りを感じています。”

成長以外のなにものでもない
水がますます不足する中、MTDはますます忙しくなっている。ディレクターのハンス・フェルホーベン(Hans Verhoeven)は、同社が本格的に国際展開を開始したのはこれからだと考えている。水に関する知識が豊富なため、大きなイベントの依頼もある。「2028年のロサンゼルス大会では、パリ大会の半分の水を使用することをオリンピック委員会と合意しています。パリで4,000万リットルの水を使うなら、ロサンゼルスでは2,000万リットルの水で行います」。排水をろ過することで節約しているのです。例えば、トイレの水は、灌漑や洗車に使うことができます。”その再利用と持続可能な水利用は、今後ますます重要になるでしょう。”

ひとつの文化、ひとつのビジョン
現在、MTDは年間1500を超えるプロジェクトで製品とサービスを提供しています。コパカバーナでの大晦日パーティーやCOP27(シャルムエルシェイク気候変動会議、エジプト)から、バルト海の石油掘削施設での水処理、Hap Stap Tilburgに至るまでです。MTDのビジョンと強みは、同じ製品を、同じ作業方法と企業文化で、中央の組織から世界中に供給することです。「世界中に支社があっても、私たちは1つの文化とビジョンを持った会社です」とハンスは説明する。「私たちの品質は世界中で同じです。気候条件に適応しているかどうかにかかわらず、どの国でも同じように水を供給しているのです」。

Impactmaker of the quarterは、ティルブルク市とMake it in Tilburg (Citymarketing Tilburg)のイニシアチブです。四半期ごとに、イノベーション、創造性、起業家精神に溢れ、makeitintilburg.comの四半期テーマ(今回は「Social City」)に合致するティルブルグの企業に焦点を当てます。Impactmakersとは、ティルブルク市の内外でインパクトを与える起業家たちのことです。

この記事を共有する