Project

北海のプラットフォーム

2014年11月、MTDは北海にある作業プラットフォームにあるキッチン、トイレ、シャワーを持続可能な水システムに接続しました。

約40人の従業員が滞在して作業を行うこのプラットフォームのために、MTDはWHOのガイドラインに従って海水から飲料水を作るための特別な機械を開発しました。また、キッチンやトイレ、シャワーから出る排水は、MARPOL規則に従って海に戻すことができるように処理されています。プラットフォームに設置された飲料水装置と排水装置で、1日に最大12m3の水を処理することができます。作業台上の飲料水の水質は、オランダのティルブルグでモニターされています。

配属先

北海の作業プラットフォームで、キッチン、トイレ、シャワーを接続する。

北海の作業プラットフォームで、キッチン、トイレ、シャワーを接続する。

仕様

海水を安全な飲料水に変え、排水を海に戻すことができるように処理する。プロジェクトの期間 1年

海水を安全な飲料水に変え、排水を海に戻すことができるように処理する。プロジェクトの期間 1年

このプロジェクトを共有する

こちらもご覧ください

水道会社ファリス社のメンテナンスが楽に

国連気候変動会議2014