Project

ドイツ、シュロス・エルマウでのG7

公平な世界に向けた前進

6月26日から28日にかけて、ドイツ、フランス、英国、イタリア、日本、カナダ、米国の各国首脳と欧州連合の代表者が、「公平な世界への前進」を目標に一堂に会しました。このサミットは、風光明媚なオーバーバイエルン州ヴェッターシュタイン山地のエルマウ城(Schloss Elmau)で開催され、美しく安全な場所となりました。

このような国際的なサミットには、多くのプレスやメディアが訪れ、水の確保が必要となります。MTDドイツは、エルマウ城内のブリーフィングセンターと国際メディアセンターで、ケータリングやサニタリーを水道に接続するための仮設水道インフラを提供する仕事でした。このプロジェクトでは、現場だけでなく舞台裏でも最大限の慎重さと柔軟性が要求されました。また、サミットが持続可能で、可能な限り気候変動に影響されないものであるようにという目標にも貢献しました。

このプロジェクトを共有する

こちらもご覧ください

水道会社ファリス社のメンテナンスが楽に

国連気候変動会議2014