Project

Tomorrowland Alpe d’Huez

MTDフランスは、Tomorrowland Winterのために彼らの絶縁水インフラとサービスを供給しました。

MTDは、2019年にアルプ・デュエズで開催されたTomorrowland Winterの第1回大会で、仮設水インフラを供給することに成功しました。残念ながら、2020年と2021年には、フランスのCOVIDの制約が第2回に影響しました。幸いなことに、2022年にMTDは、3月19日から26日までフレンチアルプスのこの美しい村で行われるこのユニークなウィンターフェスティバルの第2回開催に、再び同社の断熱仮設給水インフラとサービスを提供することができました。

フランスのアルプ・デュエズ山の頂上で、100人以上のアーティストが3つの野外ステージと暖房の効いたメインステージでエレクトロニックミュージックを演奏しました。その結果、スキー、スノーボード、そして最高のエレクトロニック・ミュージックで、「People of Tomorrow」の魔法のような集まりが実現しました。

MTDフランスは、すべての公衆トイレ、キッチン、バー、フードコンセッションのインフラを提供しました。MTDは、氷点下の環境を含むあらゆる気象条件下で水を流し続けることに非常に豊富な経験を持っています。特殊な断熱パイプとヒートトレースポンプにより、すべての水栓での水流を保証します。

このプロジェクトを共有する

こちらもご覧ください

水道会社ファリス社のメンテナンスが楽に

国連気候変動会議2014